ソースかつ丼の名店一二三食堂

No.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソースカツ丼の名店 最大のミステリー
「食後の牛乳」に隠された真実とは

写真

昭和3年創業、高崎市民なら誰もが知るソースカツ丼の名店「一二三食堂」(ひふみしょくどう)。初代の創業者が夫婦と娘の3人で「1、2、3と頑張ろうや」との決意を抱いて始めたことからつけられた店名が示すように、創業以来代々、家族で仲睦まじく経営を続けてきた。

そんな一二三食堂には、他店にはないあるサービスがある。それが「食後の牛乳」だ。

写真


なぜ老舗の定食屋の〆に牛乳が…。一二三食堂を利用したことのある高崎市民に聞いても「知らない」「疑問に思ったことがなかった」「そんなこと言われても」と、その真実を知るものはいなかった。今回、絶メシ調査隊はその真実に迫った。

(取材/絶メシ調査隊 ライター高柳淳)

味わい深さごと丼に詰め込んだ一杯

写真 高柳淳ライター高柳

「こんにちは、絶メシ調査隊員の高柳です!高崎のお隣、藤岡市出身で現在は東京でライターをやっています。東京の人に出身地を聞かれた時、藤岡って言ってもわかってもらえないので、とりあえず『高崎…らへん』とごまかしているのはここだけの話です」

そんなライター高柳がやってきたのは老舗店「一二三食堂」

写真

高崎市民おなじみの店ですね

写真 高柳淳ライター高柳

「こちらはソースカツ丼の名店として知られていますが、それに加えて食後に牛乳を出してくれるという魅惑のサービスがあるんですよね。高崎以外の人にその話をすると『さすがグンマー』『それは高崎ジョークか』などと信じてもらえなかったり、イジられたりします。今回はそれが事実であること、加えてなんで牛乳を出しているのかについてお伺いしたいと思います。それでは店内に入ってみましょう」

写真

店内は、テーブル席と小上がりの座敷に分かれている。席数は全部で20席ほど

写真 高柳淳ライター高柳

「なんでしょうか。この初めて来たのに懐かしい気持ちになるのは。落ち着きますね」

写真

もちろん神棚には、高崎市民にはお馴染みのだるまが飾られている

写真

店内でことさら目を引くのが「ルービスビエ」と書かれた大きな鏡。ノスタルジックである

写真

「歩兵第十五連隊御用達」の文字が刻まれた看板。戦前から営業してきた店らしいインテリアだ

創業のきっかけは、当時、高崎市に駐留していた陸軍・第十五連隊の食堂を切り盛りしていた初代の店主、初太郎さんが、第十五連隊の満州派兵により失職したことから。「一緒に満州へ行かないか?」という誘いもあったが、それを断り、意を決して食堂をオープン。その関係で当時としては珍しく、ビールなども仕入れできたことから開業の際にエビスビールが大きな鏡を贈呈。以来、その鏡は90年近くもこの店を訪れる人々を映し出してきた。

写真

大きな鏡には「一二三軒」の文字が

早速、高崎市民をうならせる絶品のヒレソースカツ丼をいただくことにしよう。

写真

『るるぶ』や『マップル』といった有名情報誌に掲載されたことで人気に火がつき、いまでは県外からも食べに来る人たちが多い一二三食堂の自慢の逸品、ヒレソースカツ丼(平日980円、土日900円)

いざ実食!

写真

まずはカツからパクリ

写真 高柳淳ライター高柳

「うっまーーー(笑)。サクっとした食感。そしてこの甘辛いタレの味。カツそのものにもソースが染みこませてあって、さらにソースがかけられているので、味がギュッと凝縮されている感じです。それでいて肉の味も負けていない。これは米も進みます。低糖質ダイエッター殺しの一皿ですね」

こちらの一二三食堂。現在の店主・宮本勇さんが3代目となる。看板メニュー「ヒレソースカツ丼」は勇さん夫妻が考案したメニューだ。

写真

こちら店主の勇さん。いいお顔をしている

写真 高柳淳ライター高柳

「月並みな感想しか言えませんけど、ホント、うまいですね」

写真3代目 勇さん

「ありがとう。こだわりは県内の畜産農家からヒレを仕入れていること。本当は外国産のヒレを使った方が儲かるんだけど、やっぱり食べていただく人の健康を一番に気遣いたいから。低脂肪、高タンパクで質のいいものだけを厳選しているんだよ」

写真 高柳淳ライター高柳

「儲け度外視の県内産のヒレ! そしてソースもまた最高ですよね。これ、どうやって作ってるんでしょうか?」

写真3代目 勇さん

「ときどきソースのレシピを教えてくれってお客さんもいるんだよねぇ。でも、それは教えられないよ。だって、ここでしか食べられないっていう個性を出していかないと長続きできないでしょ」

写真 高柳淳ライター高柳

「そうですよね! 秘伝のソースのレシピを知りたいなんて奴がいるなんて信じられませんよ!」

味は端的に言ってうまい。そしてこの雰囲気の店内で食うからか、はたまた勇さんの話を聞きながらいただいているからかはわからないが、舌先で感じる味とは違った「味わい深さ」が心に滲みるようである。これだよ、これが絶メシなんだ。

「食後の牛乳」について聞いてみたら……

そんな絶品のヒレソースカツ丼を食べた後に待っていたのが、いよいよやってきました「食後の牛乳」。食後のドリンクとしてサービスされるナゾの一杯である。

白い。
牛乳とはこんなに白い飲み物だったのか、と思ってしまうほど白い。

写真

ちなみに食後のドリンクはコーヒーと牛乳のどちらかを選ぶことができる。ただ、この店に来たらやっぱり牛乳をチョイスしたい

写真

一気に飲み干すライター高柳。「がっつり食べた後の牛乳って、小学生来の経験だったかも」(高柳)

それにしてもなぜ、ソースカツ丼の名店が食後に牛乳をサービスしているのか。この高崎グルメ界きってのミステリーについて、単刀直入に聞いてみた。

写真 高柳淳ライター高柳

「こういう定食屋さんの食後に牛乳ってめちゃくちゃ斬新だと思うんですけど、なぜ一二三食堂さんでは牛乳を出されているでんすか?」

写真3代目 勇さん

「あぁ、その話ね。これは妻のアイデアなんですよ。僕は昭和48年に店を引き継いでるんだけど、その頃はまだ商店街も元気でね。商店街で働く人たちがたくさん来てたんだけど、その後、お客さんはサラリーマン中心になっていった。中には単身赴任で高崎に来られている人がけっこういたんですね。で、男の食事だと栄養が偏ってしまうじゃないですか。だからカルシウム不足にならないようにとはじめたんです」

写真 高柳淳ライター高柳

「なんと! 働くお父さんたちのための牛乳だったんですね! それ伝わってるかなぁ、伝わってるのかなぁ…」

写真3代目 勇さん

「牛乳だけじゃなくてね、魚のメニューを始めたのも僕らの代からなんだけど、それも同じ理由なんですよね。やっぱりお客さんには健康でいてほしいじゃないですか」

写真

これがお客さんのカルシウム不足を補うほか、栄養のバランスを考えて作られたメニューのひとつ。鯖の塩焼きがこれまたうまい(定食で980円)

写真 高柳淳ライター高柳

「ご主人、優しすぎるよぉ。正直、『注文してからしばらく待たされるなぁ』とか思ってたんですけど(←そうなのかよ!)、それはお客さんを想い、丁寧に料理を作り上げているからなんですね! 僕が浅はかでした!」

写真3代目 勇さん

「いやいや。ただねぇ、まじめにやると儲からないんだよ(苦笑)。高い食材を使ってるから、利益も少ないし。安い食材を使っても、もしかしたら、食べる方はわからないかもしれない。でも、それは違うと思うんだよね

「食後の牛乳」のナゾを追ってやってきたものの、出て来る話はお店側のお客さんを思う気持ちばかり。なんていい店なんだ…。利益とか効率とか、そういうものから少し距離を置いてお客さん第一主義でやってきたからこそ、一二三食堂はこうやって90年近くも店を続けてこらえたのかもしれない。

写真

一見厳しそうな雰囲気を醸しつつ、時折見せる柔和な表情が印象的な勇さん

話を聞けば聞くほどホントになくしたくない、なくしてはいけないお店ではないか。ライター高柳は思わずこんな質問をしてみた。

写真 高柳淳ライター高柳

「4代目となる後継者って…いるんですか?」

勇さんは少しだけ時間をあけ、そしてゆっくりとこう答える。

写真3代目 勇さん

「娘が努力すれば…4代目になれるかもしれないね。幸い、娘の孫も調理師学校に通っていて、もしかしたら娘と一緒にやってくれる可能性もあるし。ずっと受け継いでいるレシピはあるから、あとは本人がどれだけ真面目にやるか、かな」

夫婦と娘の3人で「1、2、3と頑張ろうや」で産声をあげてから約90年。あれからずっと家族で頑張り続けている。今日も、そしてこれからも。今後、100年、120年と高崎の地でその歴史を刻んでいってほしいものである。もちろん食後の牛乳サービスもずっと続けてね。

写真

取材・文/高柳淳
撮影/今井裕治

この絶メシに関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加