からさき食堂高経大生は“必修”アレの作り方

絶メシレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真

高崎経済大学の大学生の財布に優しくお腹を満たすメニューを2世代にわたって提供し続けている「からさき食堂」。オーソドックスな定食メニューの中でひときわ目立つオリジナル料理「白い恋人」の作り方を、2代目店主の大山瑞枝さに教えてもらったぞ!

① “普通のホワイトソース”をつくる

写真

バターを溶かし、みじん切りした玉ねぎと小麦粉を入れて炒め、牛乳でのばした「いたって普通のホワイトソース」(瑞枝さん)をつくる。なお、からさき食堂の場合は提供までのスピード優先のため事前にソースを作っておき、注文が入るごとに塩と胡椒で味付けする。

② 学生のことを思いながら肉と玉ねぎを炒める

写真

一般的なオムライスは鶏肉だが、からさき食堂の「白い恋人」では豚肉を使用。なおからさき食堂では、腹ペコ学生のことを思いながら炒めている。手際よく炒めるのがポイントだ。

③ 糖質制限ブームをあざ笑うかのようにどっさりライスを投入

写真

豚肉と玉ねぎの中に、どんぶり一杯分ぐらいのライスをどーんと投入し、引き続き炒める。「普通盛りですよ」と2代目・瑞枝さんは言うが、どう見ても普通以上の盛りである。

④ 味付けは勢いで!

写真

塩、胡椒、ケチャップでライスに味付け。分量を正確に測る必要などないので、自分好みの量で。なお2代目・瑞枝さんは胡椒の缶の底を掌底で一突き。

⑤ オムライスをつくる

写真

別のフライパンに薄焼き卵を準備。よきタイミングで味付けしたポークライスをぶち込む。ご飯の量が多いので包むというより、上に乗せる感じで

⑥ フライパンごとひっくり返してお皿に盛り付け

写真

失敗が許されない盛り付け作業。しかし卵が破れる、ライスがはみ出るといったくらいのミスは気にしないのが得策だ。手際よく、迷わずやる。一瞬の躊躇で形を大きく崩してしまう可能性あり

⑦ 最後に普通のホワイトソースをかける

写真

普通のホワイトソースをオムライスの上からかける。ヒタヒタになるほどぶっかけるのが理想的。

⑧ 完成

写真

お皿からこぼれそうなホワイトソースオムライス「白い恋人」の出来上がり。目分量でたっぷり入った塩胡椒も、ホワイトソースで中和されて実にマイルド。大ボリュームでも抵抗なく食べられるぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加